1. HOME
  2. クラブ概要
  3. 会長あいさつ

東広島RCの概要

About

会長あいさつ

2019-2020年度 会長所信

会長 荒谷 正彦

「古い船には新しい水夫が乗り込んで行くだろう~古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう~なぜなら古い船も新しい船のように新しい海へ出る~古い水夫は知っているのさ新しい海のこわさを~」

吉田拓郎さんの”イメージの詩“の中の1フレーズです。

必ずしも昔と今を比べ、今が良いとか昔が良いとかの言うわけでもないが、RI自体が大きな転換期に新しい策を掲げてきたことで、昔からの良いとされていたこと、古き良き時代の話が昔話のように語り継がれていることへの不満であったり、新しい時代に柔軟すぎる緩和策が盛り込まれたり、時代の流れを理解する余裕もないまま単年度が始まり終わる。 そのような柔軟性を求められる昨今に、クラブがどのように対応するかが課題にあげられているようです。
前年度の思い切った策を検証し、また新たな時代に変革をもたらすよう、さらにその先の時代にも提言できるよう基盤を整えていきたいと感じています。

大きな事業もありませんが、その時だからこそ33年経ったこの船を会員全委員で新しい海に出ようと思っています。

2019-2020クラブテーマ「共に手を差し伸べよう!~ゼロベースで考える力~」

2019-2020 クラブ活動目標

  1. 委員会から始めよう!
  2. 例会を楽しもう!
  3. 会員を増やしてみよう!

会員一人一人がともに “やさしい気持ちで” 接してほしい!

共にやさしい気持ちから、手を差し伸べられる言葉であったり、行動であったりして欲しいと願います。まずはゼロベースに立ち返り、そこから始まるインスピレーションがクラブをもっと活性化する源となると信じております。

そして、委員会からクラブを運営し、例会を楽しむ心の余裕を持ち、共に手を差し伸べられる会員を増やそうとするクラブになればと願うと同時に、クラブ会員のご協力をこの一年間、賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

検索