1. HOME
  2. クラブ概要
  3. 会長あいさつ

東広島RCの概要

About

会長あいさつ

 

2020-2021年度 会長所信

会長 島﨑 晶子

2020-2021年度RI会長のホルガー・クナーク会長は、
奉仕の機会、リーダーシップの機会、世界を旅する機会、生涯の友を得る機会、新しい会員を得る機会等の、
機会を見つめ直そうと【ロータリーは機会の扉を開く】をテーマに掲げられました。
又、脇 正典ガバナーは【楽しくなくてはロータリーではない】をテーマに、ロータリーの奉仕の心、親睦、高潔性を変えてはいけないものとし、ロータリーを取り巻く環境に合わせる事を【不易流行】という表現でロータリークラブを見直そうとガバナー信条を出されております。

これは
①クラブの活性化・・・・例会を重視した暖かいクラブ作りをしよう
②感動をもたらす奉仕活動・・・ロータリアンは周囲に感動、喜びを与えるマジシャンになろう
③ふさわしい仲間を誘う・・・会員を増やすことは、組織の体力を強化し、財政基盤を確立し、
充実した奉仕活動を可能にしよう
④ロータリーの心を知る・・・相互に刺激しあい、自らを磨き・高める人の集う組織にしよう
という西村PGの言葉に集約されており、私はこれを今までのクラブの在り方を見直す機会にして、
不易流行を実践し【ほんとうのロータリーの楽しさを実感しよう】というメッセージと受け止め、

本年度の方針は
ロータリーの心を知る例会・・・・【ロータリーらしい例会の実施】
周囲に感動を与えるロータリーらしい奉仕活動・・・【地区補助金事業の成功】
一人でも多くのロータリアンを増やす・・・【全員参加での会員増強】
将来のクラブを担うロータリアンを育成する・・・・【未来の組織作り】
という【4つの重点目標】を軸に出させていただきました。

昨年、ラグビーワールドカップの日本チームを現したOne team(ワン、チーム)という言葉が流行語になりました。
相手に倒された選手の手から手へ、次々とボールが渡っていくオフロードパスの映像は、
にわかファンの私でも心が熱くなりました。
この活躍を目の当たりにしたとき、本来のロータリーの姿と重ね合わせたのは、私だけでは無いはずです。
あんなチームが私たちのクラブであったらどんなに素晴らしいか。
そんな魅力ある東広島ロータリークラブを想像するだけでワクワク致します。
今年度はそんなクラブへの願いを込めまして、
クラブテーマを
Let’s try with one team (レッツ、トライ、ウィズ ワン、チーム)』とさせていただきました。
暖かいクラブ創りに・・・・感動の奉仕に・・・共に喜び、称えあえる仲間を増やす事に・・、
活気ある未来の組織作りに・・・
One team(ワン、チーム)となって、ロータリーの機会の扉を開きましょう。
One team(ワン、チーム)となって、不易流行を実行しましょう。
Let’s try with one team (レッツ、トライ、ウィズ ワン、チーム)‼ よろしくお願いいたします。